×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

3701-3800

散るのなら
へたくそに分かち合いましょう
ソナチネは誰のために
つわぶきが咲いていた
ランドマークはその青目
君に別れを 祝福を
獣たちの咆哮
あの隣人は秘密を毛嫌いする
罪人どうしで告白をしよう
気の早い金木犀

夜を捨てても
必死ではき出した愛のかたまり
はてのない憂鬱もあなたがきれいにしてくれた
かじかんだのは何処だろう
彼は、笑うことに慣れた人だった
ちゃんと美しくあれたかしら?
あなたは遠い星に浮かんだ夢のようなひとだ
海とプール
バケモノのような恋をした
メモリがいっぱいです

パスワードは×××
少しの間目をつむってて
宇宙が愛したたったひとりの男の名前
さあさあ、おわりのじかんですよ
駄目になるくらい簡単だよ
無神経な朝
ささくれてるの さわらないでよ
腐った純情のにおい
甘い残骸
オールド・レッスン

あなたに慈しむという機能はないこと
もうずっと古くのカルテ
裏切り者でも恋をする
さざなみの隙間で
御伽噺は幕引きのあとに
約束の丘にはとっくの昔にビルが建った
くじらが指を切るころは
たとえばえいえんじゃなくってもいいよ
忘れたのはそれじゃない
しずかで、音もしないようなねむりを、もうずっと待っていたんだよ

できるなら愛してしまいたかった
このまま このまま ね
さよならは言わないまでも
傷つき方さえ知らない大人たち
うつ蝉の独白
きっとこれで最後
初恋は檸檬の木になる
食わず嫌いの夢
月のなかの人魚
もうすこしだけいっしょにいたかった

それじゃあね、先生
瓶詰にした永遠を割ろう
ちゃんとあなたが終われるように
プリーツスカート翻る頃、あなたは保健室
雨傷み
煤けた幸福はメイドインヘヴン
できるだけゆっくりと脈打ってね
あなたが消える未来はない 未来永劫訪れない
おなかを空かせたデージー
宇宙船J-40780号に乗って

その鳥は眠ることを知らない
そうか、知ってしまったんだね
口火を切ったのは青いまつ毛のスカーレットだ
多少美化したところでゴミはゴミ
語られることのない物語
星屑じゃおなかはふくれないのよ
ねえシスター ちっぽけな懺悔を聞いていただける?
浴槽のジェリーフィッシュ
まばたき三回ぶんの魔法
つづきはいつかのカロンの上で

きっとあなたに罪などなかったんだ
ゆめみるけもの
夢見たがりのブルース
青春の付き添い人
サリバン先生はもういない
その風景を、まるで奇跡のように思った
こころをふちどって
歌うのならそれを
彼女が僕であるために
放課後のルーシー

それ以上はどこにもないのだから
そうだよなんにもいらなかった
薄情なうさぎたち
幸福のMRI
答えは、わかりきってる
最後のレジスタンス
キャンバスに撒いた憧憬
それより終わった後のことを考えよう
世界の中のうつくしいもの
あなた、私の神様だったのね

修羅のつま先
そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない
愛することもできたのだけれど
水の中の虎
そんなものでも必要だったんだ
傷んだ初恋
三月下旬に膿み始めた
魔法をちょうだいよ
冷えきったフレンチ・トーストのために
ねえ。そこから何が見える?